婦人科形成で乳輪を小さくしました

手術は怖かったけど、受けてよかった

正直なところ、手術で身体にメスを入れることは怖かったのですが、長年の悩みを解決するために縮小手術を行うことにしました。
自宅から通うことができる範囲に婦人科形成があったので、まずはカウンセリングを受けることにしました。
乳輪の外周を切除することになり、説明を聞くだけでも怖かったです。
恐怖心はありましたが局所麻酔を行うことで痛みがかなり緩和されるということもありましたし、何よりもずっと悩んできた症状を解決したいという気持ちが強く婦人科形成で乳輪縮小手術を受ける決意をし、施術日を決めました。
施術当日は簡単な説明が行われた後、早速手術が行われ、両方の乳輪を小さくするために2時間ほどの時間が必要でした。
麻酔をしていたので施術中の痛みはありませんでしたが、胸の部分で施術が行われている感覚がありますし、麻酔を打つときの痛みはかなり強かったです。
手術中は早く終わってほしいという気持ちでいっぱいであり、実際の施術時間は2時間でしたが、もっと長い時間がかかったような気がします。
施術直後はやはり傷口が痛々しいですが、ダウンタイムを経て見た目がマシになっていきました。
最初は直視しづらい手術痕がありましたが、時間が経過するとそれほど気にならない状態になったので良かったです。

中学生の頃から乳輪が大きなことが悩みでした | 手術は怖かったけど、受けてよかった | 手術後は目立たず、カレにも気づかれてません